墓石デザイン

墓石デザイン




[PR]



2007年12月01日(Sat)▲ページの先頭へ
■新作墓石
今日から師走・・・今年ももう、この一ヵ月のみとなりましたね こんな時期になって、ゆっくりお墓を見たりする時間の余裕は無いかも知れませんが、当店はマイペースで皆様に新しいお墓のご案内をさせていただきたいと思います

私はお墓をデザインする時思うこと・・・それは、ず〜っと長い間そこに建っていても飽きない、シンプルでどっしりと構え日本の文化を残しているもの・・・を忘れないように考えます

今は和洋折衷みたいなお墓が沢山建っています 悪いとはいいませんが、妙にアンバランスなどこか落ち着きのないお墓も実際にあります 今日来店された文字彫刻のお客様がこんな質問をされました

『家は、神道なのにお墓は仏式の蓮華座が付いているのは、おかしので、除けたほうがいいですよね?』と・・・続いて、『よその石やさんで作ったのですが、聞いてみてみていいでしょうかね〜?』と・・・

開いた口がふさがらないとはこのこと・・・次から次へと、費用はいくらするのか?とか・・・まず第一に神式のお墓に仏式のお墓の付属品並びに仏教用語の付いた文字は使いませんので、それは神仏混合でお墓を作っているのと同じですね

よく墓所の入り口に菩提所などと各自の外柵に彫りこんだ文字をみかけますが、これも仏教の知恵の意味・・・それが、お墓は全て神道墓なのにそんな門柱が立っている墓所があります これって、石やさんの知識の無さです

正直、石やさんに頼んだ仕事ではないと思います 今は誰でも参入してきて個人輸入しては売る・・・或いは薄利多売の大手産業がどこにでも売りまくる そんな業者にひっかかると、こんなことがおこるんです

このお客様には、文字彫刻はお受けし代金はいただきましたが、あまりにもあれこれ質問なさるので作っていただいた石やさんに相談して納得が行かなければ、当店に相談していただければ・・・とお話しすると納得したようなしてないような?不思議な顔で帰って行きました

所で、本題ですね 和墓ではなく横墓で納骨式・・物置や腰掛がわりにも使える袖石部分を考えました 納骨は前から観音扉で簡単に女性でも出来ます 石は幻想的な深い紫がかった色をしています



2006年10月17日(Tue)▲ページの先頭へ
■施主様のデザインをお手伝い・・・




これは近くの霊園ですが、このお墓は施主の方がご自分で墓地の中を歩き回り、イメージを膨らませ、当店がデザインをお手伝いしました

この方は、具体的にイメージ図面を描いてPCに画像を転送されてくるぐらい熱心な方で、モニュメントの石にも、ありがとうの文字をご自分で書かれたものを入れました

これが、また良くて・・・この文字が、本当に暖かくて優しい字なんですよ・・・この施主様は今年、長年わが子のように大事にされていた愛犬が亡くなり、大変ショックを受けていらっしゃいました 

そこで、ご夫婦に優しさをくれた愛犬をいつも心に想っていられるように、感謝の気持ちを刻んだのです 勿論、愛犬はご家族の近くに埋葬されお墓も建てました 完成した時、施主様をさておき『良かったな〜』と思いました

施主様にも大変気に入っていただきました


2006年08月30日(Wed)▲ページの先頭へ
■こんなお墓できました!
シンプルで色々飾らなくて・・・お墓の形と花立ははこんなので・・・と、施主様の希望を取り入れ、こんなお墓を作りました

ご希望をお聴きした時、デザインの載っている本も渡してありましたが、色、形、大きさなど、其々違うので・・・なるべく意向に添うようにと、CADでデザインしその上でのもの・・・

和墓が並ぶ中で、すっきりやさしいピンク色の感じが、施主様のご希望どうりになりました





   


ふるさとに、お墓をつくりませんか?
高知の郷里で、嶺北の自然と、のんびり暮らすのもいいですよ


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2017年10月
20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ
2006年 (40)
5月 (6)
6月 (14)
7月 (9)
8月 (5)
9月 (2)
10月 (1)
11月 (2)
12月 (1)
2007年 (15)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (2)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
8月 (2)
9月 (1)
10月 (2)
12月 (2)
2008年 (14)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (2)
5月 (1)
7月 (1)
9月 (1)
12月 (1)
2009年 (1)
12月 (1)
2010年 (1)
12月 (1)

アクセスカウンタ
今日:24
昨日:17
累計:219,235