墓石クリーニング

墓石クリーニング




[PR]



2006年08月25日(Fri)▲ページの先頭へ
■墓石クリーニング

この施主さまは、数年前にご主人さまに先立たれ、代々続く嫁ぎ先のお墓を香川県から通って、墓守をしなくてはならなくなりました

汚れたお墓が気になって仕方なかったそうです お盆中に来られて、将来の墓守のことやお墓のクリーニングのこと等、気になることを色々話されて、『何処をどういう風にしたい』かをお聴きし、施主様の予算内でクリーニングとその他、花筒の取替え傾きの調整など・・・行いました

古いお墓で二十年以上経っていますが、とてもきれいになりました







2006年07月24日(Mon)▲ページの先頭へ
■自分で出来るお墓のクリーニング・・・実践NO,2
文字の汚れ落し

雨が続きますね あちこちで被害が起きていますが、皆様のお家は心配ないですか?
私の住んでいる高知県嶺北地方は、四国の中でも雨の多い所です

四国の水がめ さめうらダムも満水で、6つある水門ゲートの両端を開けて、連日放水中です 嶺北地方も2004年には、次々発生する連続の台風で凄い災害になりました
天災は、突然ですから恐ろしいですよね

では、本題に・・・お墓の正面文字や、側面文字、墓誌などの細かい文字まで・・・簡単に落とせます その簡単に落とす最大の条件は、です たっぷり吸った湿りがないと、落ちません


この文字の中には、青いコケが生えています







上の画像の、文字の中に入れているビンブラシを見てください 真っすぐ差し込んでいますね 歯ブラシは、彫っている字の部分だけ・・・真っすぐと平行に、これだけ守れば大丈夫です

正面文字は、奥のほうで深く薄くなっている部分もあるので、決してこねたりしないように・・・文字が割れたりする可能性があります



使った道具はこれだけ・・・歯ブラシもありました 蚊よけのスプレーは人間用です(笑) この日は雨の降り方が少なかったので、2ℓのペットボトルに1本だけ水を入れて、山に上がり、後は、先日掃除をしてあった花筒の中に溜まっていたきれいな雨水を使いました

下の画像は、施工後です




結構、きれいに落ちますでしょ これで晴れたら、とてもきれいになっています
ブラシを使っていい所は、石を光らせていないザラザラしたところです 光っている所は、スポンジのやわらかい部分やタオルで充分落ちます

これでお盆前の、汚れ落しはOKですね お盆の何日か前に行って、簡単に拭き掃除をすれば天気の日に行っても問題なしです

雨の日のお墓掃除は、濡れた石の上に上がって滑らないこと・・・今は、墓所内に石貼りをしているお家が多いので、くれぐれも気をつけてくださいね バスタオルやゴザなどを敷いて、滑り止め対策をしてから、上がってください

滑って転倒したら、相手は石なので大怪我のもと・・・そんなことを言いつつ私も、踏み石の上で滑って転倒しそうになりました(笑) では皆様、ご先祖様を大切に・・・




2006年07月21日(Fri)▲ページの先頭へ
■自分で出来るお墓のクリーニング実践・・・
お墓の汚れ落し実践編

この所、雨がよく降りますね 梅雨が明けないうちに、お墓の汚れ落しに行っておりました 昨日のほうが雨が多かったので、良かったのですが・・・これも、こちらの仕事の段取りもあり、上手くいきません(笑)





お墓は白く写っているのが、建てて33年のもの・・・国内産花崗岩 茶色っぽいのが、地元で採れていた相川石・・・60年経っています 

お墓を磨くスポンジは、食器用のもの・・・古い方は、ザラザラした粗磨き用の人工タワシ・・・昔の石碑は、今のように鏡面仕上げまで出来るダイヤ砥石もなければ、バフもなかったので、ノミと手磨きでの砥石仕上げでやってたんですね すばらしい!





スポンジで擦るだけでこんなにきれいになります 水は降ってくる雨だけ・・・



こんな小さな草も一面に生えていました 蚊は凄いし草は一面・・・泣きそうになりましたが、一気にやり終えました 面白いほど草取りが楽しい小道具をお見せしましょう
近くのホームセンターで売っています 地面に突き刺し、草と一緒に引き抜くだけです



今日のは七つ道具ではなく、四つでした 
他には、雨合羽にゴム手、目だけ出す防備!虫除けスプレーを自分にふりかけておけば大丈夫です ただ、むし暑いのは我慢ですが、帰ってきたら全身汗びっしょりで、1kgは体重が↓しますよ(笑)

今日は、この辺で・・・続きは明日以降に・・・


2006年07月06日(Thu)▲ページの先頭へ
■雨降り好都合・・・自分で出来るお墓のクリーニング
梅雨明けも台風の接近で長引いていますね うっとうしい毎日ですが、こんなジメジメした時こそ、お墓の手前クリーニングをしてみませんか?

やり方は簡単! タオルとやわらかい食器洗用のスポンジがあればOK

注意することは↓
★石の上に雨靴や靴などで直接上がって滑らないこと
★石のツルツルした部分に上がるときは、タオルなどを敷くこと
★洗剤などつけないこと
     ・・・・・・・・・でしょうか

これだけ雨が続くと、石も中からたっぷり水分を含んでいます スポンジで軽く擦るだけで簡単に汚れが落ちます 雨合羽を着ての作業は、少々蒸し暑いですが、お盆が近づいて天気の日に水をかけて掃除するより、作業はずっと楽です

専門家に頼むのも悪くは無いですが、一度試してみてください 面白いほど汚れがよく落ちます そこで、どうしても気になる所があれば石材店に相談されると、解決策を教えてくださるでしょう 

石材の質によっては、タワシもOK ご心配な時は、先に電話で確かめておくと、よろしいですね ご先祖さまもきっと、喜ばれますよ 頑張ってみましょう





   


ふるさとに、お墓をつくりませんか?
高知の郷里で、嶺北の自然と、のんびり暮らすのもいいですよ


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2017年12月
         
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ
2006年 (40)
5月 (6)
6月 (14)
7月 (9)
8月 (5)
9月 (2)
10月 (1)
11月 (2)
12月 (1)
2007年 (15)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (2)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
8月 (2)
9月 (1)
10月 (2)
12月 (2)
2008年 (14)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (2)
5月 (1)
7月 (1)
9月 (1)
12月 (1)
2009年 (1)
12月 (1)
2010年 (1)
12月 (1)

アクセスカウンタ
今日:113
昨日:18
累計:221,316