日本人のお墓

日本人のお墓




[PR]



2008年07月09日(Wed)▲ページの先頭へ
■お墓の形と大小・・・
先日、当店でお墓を作られたお客様から、苦情の電話をいただきました
その内容は、『五輪等の高さが低いので縁起が悪い・・・これは間違っている・・・と、よその石やさんに言われた』 どうしてくれる?・・・というもの

高知県は舞台付き納骨堂のお墓が多くなったので、五輪等を建てる場合、その納骨堂より高くしないと、先祖に罰が当たる・・・などと何時からとなくそんな風潮があります

ただ、個人墓は大体同じに揃えたり少し女性の石碑を細めたりしますが、それも昔に5寸6寸の小さいお墓ばかりだったから、これからも合わせないといけない・・・と、いうことはありません 時代に応じて供養の心を表せばいいのです

その五輪等も高知のお墓に合わせると、ただただ背高のっぽの五輪等になりますので、バランスよく寸法に合わせ、ご希望なら同じ高さにもしますが、当店は、根拠もないことに囚われる必要はありません・・・と、必ずその点はお話しています

このお客様も説明はして、五輪等は標準の割りで作ったものを据えました 何度説明をされても逆上されているので、お寺さんにお尋ねしてみてくださいと、電話を一度切りました

次にかかってきた時、どうおっしゃいましたか?・・・との問いに、そんなに気になれば建て替えたらどうですか?と言われたと(ちょっと驚きましたが) それで、罰はあたるといいましたか?の問いに、罰は当たらんと言った・・・

では、建て替えるとしたら、お寺さんを呼んで御霊抜きをして、石を継ぎ足すなんて格好が悪いから、やり替えして、御霊入れしたら・・・かなりの費用ですよ それでも納得いきませんか?とお話して、電話を切りました

何日かして、このままでいい・・・と電話がかかってきました 
お墓を作る前からご主人が病気がちだったのに加え、ここにきて具合が良くないので・・・とお話をされました 『罰が当たったのでは?と思った』と

ご先祖様が何で罰を当てますか? 人は病気もすれば、死も必ずやってきます お墓を作って最後ではないんです 年忌法要を通してご先祖さまの供養をし、またその姿を次の世代に伝えることです

この仕事をしていて思うのは、目に見えないからこそ救われたり怯えたり・・・人を怯えさせてお金儲けをするような占い的な商売に、騙されそうな方が沢山いらっしゃいます 人の弱みに付け込むやからが多い世の中・・・気をつけてください

普通に供養をされている方々に祟ったり罰が当たったりなどはありません ただ、その供養する心や機会を失っている人には、何かの形でご先祖様が教えてくださるのかも知れませんね 罰ではないですよ 気づかせてくださるのです

お墓の大小、金額の多少・・・何ら関係ありません 大事なのはその気持ちを形に表すこと・・・です







2008年03月07日(Fri)▲ページの先頭へ
■細木和子さんの一言・・・
最近この方がTVに出て、お墓に関する先祖の祀り方・・・などを説明される時が多々ありましたね この方もこの三月一杯でTV番組から降板するそうですから、メディアを通してそれが全て・・・みたいに勘違いされることも少なくなると思います

細木さんの仰ることに一理あることもあるし、?・・・と思うこともあります ただ、本質は自分でよく考えたら判るようなことも、これはTV側で作っている番組だと思えば何でもないんですが・・・

これはTVでやっていた内容と似ていますので、書いてみます

このブログにも何回も書きましたが、少子高齢核家族化・・・これはこの先々もっと真剣に迫ってくる問題になります そして、その時其々の家庭がどういう風に先祖を祀り自分の家(単なる住む家ではありません・・・その家の代々の歴史です)をどう守り継続してきたか?を知るものが、人・形あるお墓・など無くなりつつあることに気づくと思います

気づいた時には、時代は大きく変わっていると想像します

細木さんはこのことを踏まえてアドバイスしているところもありますが、何せ歯に絹きせぬ物の言い方をするので、聞いているほうは落ち込みますよね

私は六星占術も知らなければ四柱推命も高島の易暦・・・その他もろもろの研究書を読み勉強をしたわけでもないので、これが間違っているとか・・・正しいとは言えませんが、当店でお墓を扱う仕事をしていて、お墓の建て方が間違っていて家が絶えたとか、病人が出た・・・と言ったのは聞きません わざわざ言ってこないのかも知れませんが・・・(笑)

跡取りが男子でなければ、養子をもらって家を継承してきた日本の家継ぎ文化・・・これには、墓守という役目が大きいのです 少子化で其々の家庭に一人か二人の今の時代・・・ 今は女性の方がリードするのが上手なのか、男性を連れて家庭に帰ってくる女性も多く、すんなり養子縁組をされる人もいますが

相手も男子一人、こちらも女子一人の家庭同士が結婚になったら、たちまち家を継ぐのはどうするか?で悩みます 親の面倒を見る云々以外に、その家の墓守が大きなウエイトを占めるのです

そこで・・・今はお墓を作っておける時に自分のお墓を作っておく・・・親の世代70歳代の方は沢山いらっしゃいます 私は、間違っていないと思います 現役の子育て最中の30歳後半から50歳代前半は親のお墓どころか、もし自分に何かが起こっても家庭を守ることすら難しい次代です

細木さんは、これが間違っている?と仰っていましたが、お墓も建てられないシングル族も増えている中で、自分の将来を踏まえて先祖のことも大事にする・・・何ら不都合なことはないと思います

お墓は遺骨を安置する場所でもありますがご先祖さまを偲び、色んな報告をし、見えない力で心を通わせることが出来る、唯一の神聖な安心の場所です ご先祖さまは守ってくれます 罰は当てません 気づかないことは気づかせてくれます

それは、節々の供養や日々の感謝を忘れないことです それを細木さんは言いたいのだと思います 自分が毎日お水を飲んでいるのだったら、仏前にも一口のお水でもお茶でもお供えする行為・・・これが、自然に身につくよう親から子、子から孫へと家の中で教え導く・・・これが無くなっているから、本当の姿が見えないのだと、私は思うのです

長くなりましたが、ご先祖さまを大事にする行為は、まさにこの言葉の中にあると思います  

石中に火あり、打たざれば出でず、人中に仏性あり、修せずんば顕われず・・・巖宿 

完成された人間はいません 日々迷いながら誰かに助けられながら生かされています
間違ったら直せばいいし、失敗すればそこから学ぶことがあり肥やしにして次に進む・・・迷った時には、人に意見を聞いて判断したらいいと思います 私も含め、皆様・・・今の現象を素直に受け止め、いい方向に進んでいると信じて頑張りましょう
ご先祖様は、きっと見ていてくれていますよ








2007年08月22日(Wed)▲ページの先頭へ
■お墓の110番・・・お墓の継承について
先日の続きですが・・・・

お墓は誰が継承するのか?・・・疑問に思われたことはございませんか?

我が家は長男が先祖代々の墓守をする・・・つまり継承することに何ら疑問なく今までやってきました 我が家は祖父が近藤家の四男ですから、分家して初代・・・そこから数えると今の私達が三代目なんですね

民法の規定は『系譜、祭具及び墳墓の所有権は、相続分の規定によらず、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者がこれを継承する』としています

相続する人の指定があれば、指定された人が継承し、遺言もしくは生前の指定でもいいようです これで決まらなければ、家庭裁判所がこれを決めます

では一人っ子同士の結婚のお墓の継承は・・・どうなるの?

其々が自分たちの先祖の家のお墓を継承します 夫婦の死後は、子供が両方の家のお墓を継ぐことになります お墓を継承する場合同じ性でなければならないということはありません

ここで先日の相談者のAさんのお墓についてです

お墓を継承する場合同じ性でなければならないということはありません と言う規定の意味とはちょっと違いますね 本末転倒というか・・・本来ならA家と言うお墓を建てておいてC家の皆さんを改葬してきて入れるのだったら問題ないですが、C家の皆さんが眠っている墓石をこの姑さんが生きている間にどういう相談をされたのか分かりませんが、棹石だけA家にしたのです

それから、そういうお墓の継承問題は再婚される場合後から色んな問題が出てきますので、最初にきちんと説明を相手にされることが筋だと思います

Aさんと再婚されたBさんは、その先妻さんの姑さんが亡くなった時に埋葬するのをいきなり聞かされこれがお墓・・・と説明を受けたそうです 再婚されたBさんはすべてを受け入れるのには無理が生じ、色んな心労が重なって鬱状態に陥ったそうです

女性だったら解りますよね この気持ち・・・AさんとBさんの間の事は、ここまでにします ここで大事なことは、結婚して姓が変わっても実家のお墓は継承できるしまた、相続人でなければならないと言うことはなく、兄弟でも継承できます

ただ、常識の範囲で考えて行動してほしいと思います
遺産相続だけしてお墓をほったらかしや、遺産ももらってないから子供全員がお墓をほったらかし・・・嘘のような現実の話を、当店に来られたお客様が話されるので驚きです

親のお墓を子供が自然にお墓参りや掃除に行くように、子育てをしない家庭環境に問題があります 親があっての自分・・・親は祖父・祖母があってのこと・・・代々続いている家庭があるのなら喜ばしいことです

もしも、途中で途切れることがあったとしても自然の流れのなかでベストな方法を話し合い納得が行く方法をとればいいのです 森羅万象、輪廻転生・・・この世はず〜っと生き通しの世なのですから・・・


2007年05月13日(Sun)▲ページの先頭へ
■お墓の値段と人間の価値観・・・B
今日は母の日・・・娘は母に、母は祖母に感謝し、祖母は亡きご先祖様となっている祖祖母に感謝するのでしょうか?・・・

これもいつ作り出されたのかは知らないですが、いつも感謝して家族やご先祖様を大事にされている方には、わざわざ耳障りな偽善的な言葉かも知れませんね(笑) 

今日は静かに店番をしながら、色んな事を感じています 今日も突然、来店者があり、お見積もりをさせていただく事になりました この方も、ず〜と当店をごひいきにして下さっている方らしいです 私達の代になって初めてですが、他店の勧誘があっても断って当店においで下さったと・・・先代に感謝ですね

本当に嬉しく心から感謝の気持ちでいっぱいでした これが、眼に見えないご縁だろうと私は感じることがしばしばあります 私達の仕事も昔とは違い、待っているだけではなく営業に出かけます

今やお葬式の通知を新聞に出すと次の日には、電話がかかってきたりします 我が家も身内に不幸があった時経験していますが、あまりいい感じはしません じゃあ私はどうなの?・・・と、質問されそうですね

私は四十九日の法要が終わるまでは、お伺い致しませんし電話も致しません また、それを過ぎても年齢や諸事情を踏まえ、ぼちぼち出かけます 要は、あまり営業が上手ではないんですね(笑) 四十九日までに急ぐ方は、必ず声をかけてきます

しかし、お葬式が済んでお墓の段取りの気がつくのは大概、10日もしくは2週間が過ぎています そこから四十九日の法要の予定日までに個人墓ならまだしも、基礎をしての納骨堂を・・・となると、反対に『どうしてそう、慌てて作るのですか?・・・』と、こちらが問いたいですね

理由の一つに
住職さんや神官さんに、早く土に返してあげなさい・・・と勧められた
家族や親戚が再々法事で集まるのは大変だから、次の四十九日で納骨し仕上げをしたい・・・
の理由です

この早く土に還してあげなさい・・・と云うのも、普通に考えると、特別な意味はないと私は思います 要は、お墓を作って納骨しなさいよ・・・と、言う意味です 何も、三十五日や四十九日に納骨しなさいとは言っておりません

本来、葬儀を出すとその亡骸は土葬もしくは火葬にして墓所に安置し、家には入れないもの・・・この世と縁を切っているのです しかし、お墓を既に作っている(代々納骨堂)家でもお葬式の時間や火葬場の時間に取られ、その日に納骨する時間がないのが現状・・・これらは、生きている人々の都合なんですよね

私の幼少の頃や父の葬儀(二十年前)までは、殆んどが土葬で(父は土葬が遺言でした)、お葬式も自宅で出し、その棺を縁者が担いで墓所に運び埋葬して、住職や神官が祈り埋葬の儀を済ませていました 次の日、もう一度『仕上げ』と云って、ご近所の方々が集まり納棺した墓所の周囲をきれいに見直しに行き、帰って来たら、その家の家族や親族たちがその労をねぎらい感謝し、故人を偲んで小宴をするのが慣わしでした

ここで矛盾を感じることが、先日もありました

お客様から、『四十九日までに名前を刻んで欲しい・・』と電話がありました

その方は家の横に立派な納骨堂があるにも関わらず、お骨を四十九日までお寺に預けられたと・・・何で? そのご家族は県外にお住いで、家で四十九日までのおつとめが出来ないからと・・・?田舎の家に誰もいないから、お骨は置いておけないと

別に置かなくても持って行って、向こうで毎日おつとめも出来るし、お骨はお墓に安置し位牌でおつとめできます なのに、こんな当たり前のことを、お寺さんは教えてあげないのでしょうか?・・・それも、お骨を預かる?勿論、預かって貰わなければならない方々もいらっしゃいます

ここで云いたいのは、苦労して育てた子供達が誰も親のお骨を預からず、ましてやおつとめもしない(預かっていただいたお寺で、お金を払ってしていただく)・・・悲しいですね ここで説法をして供養や先祖祀りを教え導くのが住職さんや神官さんの務めではないのでしょうか?と、私は言いたいのです

今の時代、何でも人の都合とお金で動いている気がしてなりません 住職さん神官さんまた私達の職業は、迷う人たちに安心を与え、これだけは人としてするべき事・・・と本当の供養の心の表し方を、教え導いてあげるのが仕事だと、私は勝手に信じています
そうでなければ、私達の仕事は、スーパーに並んでいる商品を売っているのと同じ・・・に、なります

金額の大小、物の大小ではなく、供養の心はお金では買えません
しかし、思うだけでは駄目なんです 実行し形に現さなければ・・・人其々、きっといい方法があると思います 私はそれを、お手伝いしたいのです






2007年04月01日(Sun)▲ページの先頭へ
■お墓の値段と人間の価値観・・・A
@から随分日が過ぎてしまい、会社の決算処理も終わり早くも四月となりました(一年がホントに早いですね)

その続きですが・・・その方がこうおっしゃいました(土佐弁ですが)

『物の無い時代で貧乏な生活をしよった 親父の渡世やったけ、どんな墓を作ったのかも?その当時知らんかったが、この齢になって考えてみたら、貧乏しよっても墓だけは人間が生きてきた証じゃけ・・・』と・・・

・・・『石屋さんに、この石は安い石じゃない 今でも立派な石の種類じゃ云われて、親父も恥ずかしゅうない物を作っちょったんじゃと思うた』と話しておられました
ぼろは着てても心は錦・・・の歌を思い出しますよね 

今日はこんなお客様が来店しました このご夫婦は御年米寿を間近に迎えるご夫婦・・・ずっと以前に展示場のお墓を見に立ち寄られていたことが一度ありましたが、去年のこと・・・

来店された理由は、土建屋さんに墓所の造成をしてもらっているけれど、工事が大きくなり過ぎて、どう対処していいか判らないので、見て欲しいとの事・・・墓所は現住所では無く、生まれ育ったふるさとの墓地に帰るらしい

相談者は御年のせいもあるが、歩くのに足が遅いので見てきて欲しいとおっしゃる こちらは勿論OKですが、一緒に車に乗って行きましょうとお誘いしても、先代からずっと当店でお墓を作っているから、任しますとの事・・・

早速小雨の中、地図を片手にデジカメ持参で社長が出かけて行き二時間後数枚の画像を撮って帰って来ました 相談の施主様の意向が今ひとつ理解できず、画像をお見せしながら施主様のご希望をやっと理解することが出来ました

驚いたのは墓所の整地にかかる費用・・・お墓の値段より上回るくらい要りそうだ?と、淡々とおっしゃった 米寿を迎える御年なので、よくそんな大掛かりな事をと思いますが、それがこの施主様の考えの尊敬する所

墓所は代々残るもの・・・今、きれいにしておかなければ、後の者も続かない 先祖代々のお墓がその墓所の上の方にあるが、改葬はしない 先祖がここに眠りたいと言いおきだった 後はわしらが守ってやるだけ・・・』と

便利な町へ都会へとお墓や墓所を移動させて行く方もいらっしゃれば、こんな施主様もいらっしゃる 私たちは、その都度お墓を通して、人の価値観を問われる気がします

この続きは、また後日へ・・・




2007年03月20日(Tue)▲ページの先頭へ
■お墓の値段と人間の価値感・・・@
この仕事に携わって二十数年、人の価値観が変わってきたなぁ〜と実感しています

私達のバイブル書である日本人のお墓の本を読むと、日本でお墓の遺跡は、1994年に縄文時代の遺跡と言われている青森県の三内丸山遺跡で列状墓群が見つかったそうです 

その前に佐賀県の吉野ヶ里遺跡で大人用の大型の甕棺が二千基以上出土し、列状墓群があったそうです

この遺跡は三内丸山遺跡より三千年後で、今から二千五百年ほど前の弥生時代のものだそうです 紀元前のことですからね その時から既に死者を何らかの形で大切に葬る扱いがなされていたのですね

じゃあ五千年も前・・・私がこんなことを思うのはこの数千年の歴史の重みに対して、ちょっとおこがましいかも?とも思いますが、現代に生きる私の価値観をお話したいと思います

お彼岸の時期は、初めてお目にかかる方や滅多にお会いできない方が電話や来店されたりと、石材店にとっては留守にできないものです 当店は、この地域にお墓を残し遠方にお住いの方がよく電話で問い合わせをして来られる事が多いのですが・・・・

最近、交通事情はいいし同業者も沢山ありますので、よけいそうなのかどうか分かりませんが、『どこそこの墓地の両親の墓と同じ寸法で石は同じで・・・安いのでよい!見積もって』と、電話口から想像すると結構年配の男性から依頼がありました

私達にとってお客様は神様ですが、私達にもこの仕事に駈けている情熱と言うか思いはお客様以上にあると自負しています ないとやってられませんよね(笑)

まず『安い』と言う言葉は何を基準に判断されると思いますか?
値段の単価の安い石というのはあります それは石の持っている特徴と言うのか質がAよりもBの方が劣っている・・・という点で値段の差はあります

この依頼主様のご要望のお墓はその昔作られた国内産の原石を加工したもの・・・見積もりの返事を『同じ石だったらこれ位で似たような石で価格を抑えたらこれ位です』と価格を知らせると・・・

『えらい高い、○○万円ぐらいと思いよった』と・・・この依頼の方は自分両親のお墓石の種類も知らず、どこかの業者の方にお聞きしたのかどうか知りませんが、『○○万円で、出来る言うた』と返してこられました

当店は、その違いを説明し石も見た方がいいですよと一言添えて電話を切りました 当店には来ないだろうと思ってその見積もり書を捨てようと思いつつ、二週間机の隅に置いてあった所、昨日突然早朝電話があり来店されました

そこで、です お墓と言うのは、亡骸を火葬または土葬にしてその上に建て名前や戒名を刻み魂を入れます ここに人の『』が介在するのです

この方は自分達夫婦のお墓を、自分のご両親さまがされていたように生前に作る寿陵墓にしておこうと考え、今のご自分の生活レベルを考え、安いお墓を依頼したのですが、よくよく考えるとご両親に尊敬の念が湧いたのです

今日はこの辺で・・・続きは後日





2007年03月05日(Mon)▲ページの先頭へ
■五輪塔の勧め
早くも季節は三月となり、春分の日を挟んでお彼岸がやってきますね やはり、この時期になると普段気にならないお墓のことも、気になるから不思議ですね

何も私に限らずお客様も一人二人と、ぽつぽつ来店されます 最近のお客様の中に多いご相談の中に、お墓の『墓守り』がいない・・・と言う方が結構いらっしゃいます

そしてその方達は、永代供養に預けるか、もしくは自分の墓所に生きた証としてお墓を建てたい・・・と、二者選択で悩んでいらっしゃいます そのお気持ちは皆さんもお解りいただけるだろうと思います

夫婦二人だけでしたら案外気楽に選択出来ますでしょうが、先祖代々のお墓を面倒みている方でしたら、そう簡単に割り切れないんですよね それと、我が子は居るが結婚して遠くに嫁ぎ帰って来ない あるいは結婚していない我が子には安心して頼めないなど・・・不安はつのるばかりと言った感じです

永代供養に預けるのは後が絶える故の事・・・ならば どうせ絶えて無くなるのなら、どちらかが生きている間お墓を建て、あるいは集めて供養をすることが今出来る最大の善行功徳じゃないかと私は思います

そこでお墓にも種類は沢山ありますが、五輪塔を建てることをお勧めします 五輪塔はお墓の本来の姿・・・ 五輪塔のお墓には、『死後は成仏し往生できる』という意味があり、850年にも渡って親しまれているお墓なのだそうです

我々石材店から見ると、場所をとらず理に適い先祖供養でも其々の個人墓にでも代々墓にでもそれ一つで全てが満たされるもの・・・です 大きさも色々・・・遠くに嫁いだ我が子も、拝む先祖様のお墓があるからこそ帰って来るきっかけがあるのでは・・・


2007年02月19日(Mon)▲ページの先頭へ
■お墓のディレクター

今や何でもその道のプロとしての資格を問われる時代になっています いくら知識や経験豊富でも、何かしらの検定試験を受け一定のレベル資質の向上に努めようとするのが、ねらいであるようです

このお墓に関わっている私達にも数年前からこの試験があるのです 私も遅まきながら第4回目2006年版(2月6日に既に終わり)にして初めて受けました

それは日本人のお墓の、『お墓とは何か・・・』から入るのですが、縄文時代にさかのぼり、儒教や仏教の発祥地であるインドや中国から伝わってきた宗教とその文花を読みながら、日本人の宗教とお墓について約1000ページに及ぶ中から出題されます

勿論お墓の加工技術や石の産地、法律や墓地開発に関する規則まで幅広くあります この検定を受ける為にあらためて日本の歴史年代を再認識しました そして、日本人ほどお墓の歴史を変えてきた民族もないのでは・・・と、私は感じました

学んで見てあらためて『お墓』って、すばらしい!と思いました その意味をこれから折りにふれ、紹介できるようにしたいと思っています 今日はこの辺で・・・





   


ふるさとに、お墓をつくりませんか?
高知の郷里で、嶺北の自然と、のんびり暮らすのもいいですよ


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2017年12月
         
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ
2006年 (40)
5月 (6)
6月 (14)
7月 (9)
8月 (5)
9月 (2)
10月 (1)
11月 (2)
12月 (1)
2007年 (15)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (2)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
8月 (2)
9月 (1)
10月 (2)
12月 (2)
2008年 (14)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (2)
5月 (1)
7月 (1)
9月 (1)
12月 (1)
2009年 (1)
12月 (1)
2010年 (1)
12月 (1)

アクセスカウンタ
今日:113
昨日:18
累計:221,316