■お墓の管理・・・






[PR]



2008年09月01日(Mon)
■お墓の管理・・・
最近の相談はお墓の管理・・・掃除や草引きなど、施主に代わってして欲しいとの相談が多いように思います

当店としましては、仕事ですから請負いたしますが・・・この仕事をしているからではなく、この行為そのものが供養の心なので、なるべく家族子々孫々の皆様が、その管理をされるのが、一番いいことだと思っているので

敢えて、この請負しますよ・・・とは、なるべく言いません
お客様にも時々叱られます よその業者さんはやっているのに・・・と、今年も2件ほどさせていただきました
人口減の家族が遠方・・・状況は解りますが、遠方でもその気持ちがあるから頼んでいるのもよく解ります

私たちは代金をいただくので、声をかけられたらいつでも動けます
ただ・・・、お墓掃除やお参りは年何回しなくちゃいけない決まりはありません お墓にいけない時は、自宅の仏前で供養する気持ちは表せますので、大丈夫ですよ

私が思うのは、家族をもっと頼ってその行為を伝えてほしい・・・ということです
私たちの仕事は、お墓を売るだけの仕事ではありません お墓は人と人の心を繋ぐ場所でもあるのです 身内の死をきっかけに命の大事さに気付き、再び家族の絆も強くなる・・・そうあってほしいのです

お孫さんにも家のお墓の存在、管理の意味を教えていただきたいと・・・ご先祖様を大切にする行為は自分の存在を見つめる行為でもあるのです

回数じゃなく本当の供養はそのご家族さまが、そこに出向く事です その家のご家族さまが、お墓に来られても気持ちいいように私たちがお墓掃除をしておく・・・のではないのです

あくまでも、その行為・・・そのもの全てをご家族様がなさってください 間に合わない時は、お声をかけてください お手伝いいたしますので・・・どうぞ、頑張って家族の繋がりを大切にしていただきたいと思います






   


ふるさとに、お墓をつくりませんか?
高知の郷里で、嶺北の自然と、のんびり暮らすのもいいですよ


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年9月
  1
       

アーカイブ
2006年 (40)
5月 (6)
6月 (14)
7月 (9)
8月 (5)
9月 (2)
10月 (1)
11月 (2)
12月 (1)
2007年 (15)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (2)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
8月 (2)
9月 (1)
10月 (2)
12月 (2)
2008年 (14)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (2)
5月 (1)
7月 (1)
9月 (1)
12月 (1)
2009年 (1)
12月 (1)
2010年 (1)
12月 (1)

アクセスカウンタ
今日:113
昨日:18
累計:221,316